FC2ブログ

物を処分するということ(1)

わたしは三姉妹の長女ですが、いちばん最後に結婚して
1年ちょっとで戻ってきました。
なので、母とは『娘』の関係が大きかったです。
古臭い考え方は気にしない、と思っていても
わたし自身の中に、長女はこうあらねば、という考えもあったりして
そうできていない自分にもイライラしたり。

実家に戻って数年は、良かれと思ってのこととは思いますが
家の中のことは何も自由にさせてもらえない…
母はわたしよりはずっとマメに働く人だったので
物が多くてもそれなりには片付いていましたが。
この年代にはありがちですが、捨てることにはとても抵抗がありました。

また最大5人家族で過ごした家に1人で暮らしてみると
とっておくスペースはたくさんあるわけで。物置も2箇所あります。
置いておく場所があるのなら、とっておけばいいと。
今思うとそれは、ただ処分を先送りしていただけ。

母が亡くなった後でも物はすぐには捨てられず。
一周忌すぎてから、ぼちぼち処分しだしたのですが
捨てたものを見て、近所のおばさん(母とほぼ同年代)から
「何で捨てるのもったいない」とか言われたり。
まだ使えるものを捨てるにはこちらだっていろいろ葛藤があって処分してるのに
無神経に言い放つこの遠慮のなさ。
古本屋さんを呼んで、父の本を引き取ってもらったときも
店名入りでない車だったのに、ちゃーんと見ていて
処分するのはもったいないとかなんとか。
「読まないから…」とか言うのがせいいっぱい。
ちなみに父は30年以上前に亡くなっています。
母の存命中は処分はできなかったんですよね。
時の止まった本棚だったかも。
母が生きていたら、今もまだ処分できないでいたでしょうね。

つづきます。
スポンサーサイト
プロフィール

はなまる

Author:はなまる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク