スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳がんだったなんて~つづき~

長くなったのでいったん切りました。
続きです。

乳腺外科医は、急激に増えている患者に対して人数が足りません。
家から近いとか、診察日の都合とか
そういうことも除外して病院選びはできません。
私だって、自宅から程近い大学病院で
土曜日の診察があったから
同じ乳がんだった母の入院していた病院だったから
だから気が付いてすぐに病院に行けました。
まず、病院に行くまでに時間がかかってしまうのが普通です、たぶん。


『セカンドオピニオン』も必要ですが

自分でも調べてまず、『知る』こと。
病院の先生でも、すべての患者の状態を覚えておくのは無理です。
患者も少しは考えなければ。
こんなふうに考えるのは患者家族としての経験からです。


母の場合、再発の際の対応については問題がありました。
本人の自己判断で検診に行っているのにもかかわらず
再発は見落とされてしまった…のです。
乳がんの転移しやすい場所として
『骨』  『肝臓』  『肺』
そんなことがあるなんて、知りませんでした。
腰が痛いと言っていても再発とは思いもよらず。
本人は、腰痛と思っていたのか、思いたかったのか。
調子が悪くてもそれを転移とは結びつけず
主治医にも報告しない…
60そこそこで術後も元気で海外旅行にも行っちゃうような母でした。
しっかり自分の状況を把握していると思っていたのは間違いでした。
主治医の交代で『骨シンチ』をするべき時に検査がされていなかった。
どんどん調子が悪くなるのに、家族にも隠して
病院の予約診察日でも申告せず。
私もバカですね。
病院に行こうと言っても
大学病院は予約日にしか見てもらえないなんて
母の言うことを鵜呑みにしていたのです。
一緒に住んでいながら、こんなになるまでほっておいたなんてと
責められて、今思い出しても泣けてきます。
自分で自分を責めていたのかな。
だから言われたことが刺さっていつまでも忘れられない…


朝日新聞の記事がまだ残っていたのでリンクしておきます。
乳がん特集バックナンバー

山口真理子さんのブログ


書き始めたら止まらなくて…こんなことまで書いていいの??っていうことまで
書いてしまった気がします。
スポンサーサイト
プロフィール

はなまる

Author:はなまる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。